【東京】2017年に米空軍横田基地(東京)に配備予定の特殊作戦用垂直離着陸輸送機CV22オスプレイを使用し、米軍が沖縄県内の基地や訓練場での訓練を計画している問題で、県内では離着陸訓練や空対地射撃訓練の実施を想定していることが分かった。16日午前の閣議後会見で中谷元・防衛相が明らかにした。

中谷元・防衛相

 具体的な訓練場や詳細な訓練内容については「米側から説明を受けておらず承知していない」と述べた。

 新たな訓練は沖縄への負担増ではないかとの指摘には、「米側は沖縄をはじめ地元への影響の軽減を常に考慮してきていると承知している」と、米側が配慮しているとの考えを述べたが、中谷氏自身の見解は示さなかった。