人生の最期を迎えるための「終活」をテーマに、第3回おきなわ終活フェア(主催・沖縄タイムス社、共催・県メモリアル整備協会)が17、18の両日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれる。入場無料。先着500人にメモリアルノートを配布する。

葬儀用の祭壇をエントランスに展示する出展者=16日午後、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター会議棟

 相続問題や葬儀、霊園などを専門に扱う企業16社が集う。講演会のほか、専門家による無料相談会も開催。実際にひつぎに入る入棺体験や遺影撮影会(1枚2千円~)も行う。

 17日に「法事料理の正しい知識」をテーマに講演する松本料理学院の松本嘉代子学院長は「供え方やタブーなどの知識を伝えたい。心構えがあれば、突然の不幸があっても慌てず対応できる」と話した。

 18日午後1時からは2012年に亡くなった流通ジャーナリスト・金子哲雄さんの妻の稚子さんを招いた講演会もある。