沖縄タイムス社(豊平良孝社長)は、プロバスケットボールTKbjリーグの琉球ゴールデンキングス(木村達郎代表)を、2015~16シーズンもオフィシャルパートナーとして応援する。16日、那覇市久茂地の沖縄タイムス本社で、上原徹常務取締役とキングスの安永淳一取締役がスポンサー契約の覚書を結んだ。

オフィシャルパートナーの覚書を交わした(右から)沖縄タイムス社の上原徹常務取締役、キングスの安永淳一取締役、片野竜三営業部長=沖縄タイムス社

 公式戦1試合を沖縄タイムスの冠試合として開催するほか、選手によるバスケットボール教室などを企画する。

 上原常務は「ホームの会場はいつも盛り上がり、選手の力になっている」とファン一体の球団運営を評価。「bjとしてはラストシーズン。有終の美で締めくくり、最高の形で『Bリーグ』へつなげてほしい」と期待した。

 キングスの安永取締役は「ただ勝つだけでは駄目。観客に楽しんでいただく気持ちで戦う」と抱負を語った。キングスを含め3球団が最多3度の優勝で並んでおり、「4度目の優勝を果たし、歴代1位になりたい」と力を込めた。

 キングスは17、18の両日、沖縄市体育館でバンビシャス奈良と地元開幕2連戦を戦う。