16日午前9時10分ごろ、読谷村宇座の海岸で「子ども2人が溺れた」などと119番通報があり、4歳の女児と生後10カ月の男児のきょうだいが心肺停止状態で搬送されたが間もなく死亡が確認された。嘉手納署が事件事故の両面から捜査したところ、一緒に居た母親で、うるま市の無職の女性(30)が溺死させた疑いが強まり17日未明、殺人容疑で逮捕した。容疑を認めているといい、動機などを詳しく調べる。

幼子2人が見つかった現場

 現場は残波ビーチ南側に隣接する海岸で、遊泳区域から少し離れた場所。同ビーチの管理下でなく、監視員の目は届かないという。監視員によると容疑者が通報を依頼。2人は服を着て水にぬれた状態で護岸のスロープに横たわっていたという。

 ニライ消防本部によると容疑者は当初、救急隊に「娘が波打ち際で転び溺れたので、息子を抱えて助けに行った。暴れる娘を助けようとして自分も深みにはまり、息子も溺れてしまった」などと話していた。