清新な小説と文芸評論を対象に贈られる「第16回江古田文学賞」(主催・江古田文学会)に、浦添市在住の儀保佑輔さん(31)の小説「亜里沙は水を纏(まと)って」がこのほど選ばれた。応募総数60編の中から受賞作に決まった。