【八重山】島尻安伊子沖縄担当相は17日、大臣就任後、初めての離島視察で石垣島と西表島を訪ねた。

中山石垣市長、川満竹富町長と面談する島尻沖縄担当相(右)=17日、石垣市・ホテル日航八重山

 台風で被災した公共施設や中学校での情報通信技術活用、離島産業の現場を見て回った。

 石垣市の中山義隆市長と竹富町の川満栄長町長とも面談。両首長は、産業創出やインフラ整備などの離島振興の継続、自然を生かしたまちづくりに国の協力を求めた。

 視察後、島尻氏は「新空港開港が八重山に強いインパクトを与えたことが分かった」と述べ、「島々の発展なくして、沖縄全体の発展はない。島の一つ一つの個性を生かして、全体の沖縄振興に結び付けたい」と語った。