【中部】米オクラホマ州のタルサ州空軍基地所属のF16戦闘機12機が今月中旬から米軍嘉手納基地に暫定配備されるのを受け、嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(会長・野国昌春北谷町長)は16日、嘉手納基地内の米空軍第18航空団に暫定配備を中止するよう要請した。

 要請文は外来機の度重なる飛来もあって航空機騒音の苦情が増加傾向にあると指摘。米州軍の配備は今年3度目で、「嘉手納飛行場周辺住民にさらなる基地負担を強いることになる」と非難している。

 野国町長によると、対応したジェームス・E・バス副司令官は「太平洋軍司令官の指示でこちらに権限はなく、従わないといけない」と回答。暫定配備される時期は「機密上言えない」とし、「要請を上司に伝える」と話した。一方、夜間・早朝の飛行制限などを定めた騒音防止協定の順守を約束。嘉手納基地の運用について今後、基地周辺自治体の首長と直接、意見交換する意向を示したという。