群馬大病院は22日、患者に対するインフォームドコンセントの録音を検討していると明らかにした。同じ医師による手術で相次いで死亡した患者の遺族に対する再発防止策の説明会で、方針を示した。(共同通信)