東京で大雪警報が発表された22日、沖縄と本土を結ぶ空の便で欠航が相次いだ。同日午後7時現在、那覇と羽田を結ぶ日本航空(JAL)の4便、離島と羽田を結ぶ日本トランスオーシャン航空(JTA)の2便、全日空(ANA)の那覇-仙台の1便、ジェットスターの那覇-成田の1便が欠航した。

 JTAは23日午前の羽田と宮古、石垣を結ぶ計3便の欠航も決めた。