2015年8月の着陸失敗事故から運休していた第一航空(本社・大阪)の那覇-粟国便が再開して、22日で1週間が過ぎた。4月以降の運航は不透明だが、島民には、医療や学校行事などに使う「生活の足」として継続を望む声がある。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。