海上の護岸建設工事の喧騒(けんそう)とは対照的に、ひっそりとした名護市辺野古の住宅地。昼間は歩行者もまばらな集落に、名護市長選立候補予定者の旗が静かにはためく。思い描いた集落の発展が見えないまま、新基地建設の工事が始まり、区民に不満が広がる。