【東京】南城市長選で、自民・公明・維新が推薦した現職が新人に敗れたことについて、二階俊博自民党幹事長は22日の会見で「残念な結果。負けは負け」とし「次なる戦いに負けてはならない。決意を新たに取り組まなくてはならない」と名護市長選に向けて気を引き締めた。