【東京】安倍晋三首相の施政方針に、県関係国会議員与党は成果のさらなる推進を示し、野党は沖縄の負担軽減を主張する政権を批判した。 自民の西銘恒三郎衆院議員は「総選挙の公約を実現する力強い演説だ。人づくり革命や働き方改革など重要法案の成立に責任を果たす」と意気込んだ。