島尻安伊子沖縄担当相が、自身の写真をあしらったカレンダーを配布したことについて、有識者らは現段階で「違法性は見当たらない」と説明する。 沖縄弁護士会の横田達弁護士は「後援会を通し、不特定多数の人に無料配布していたら公職選挙法に抵触する恐れがある」と指摘。