【中部】本島中部の自治体が発注した公共事業の入札をめぐり、現職公務員の50代男性幹部が入札情報を業者側に漏らした疑いがあるとして、県警が男性や複数の建設業者幹部から任意で事情を聴いていることが18日までに分かった。複数の関係者が明らかにした。金品の授受があった疑いもあるという。

 県警が慎重に捜査を続けているといい、容疑が固まり次第、立件する見通し。

 複数の関係者によると、男性は少なくとも同自治体の建設部幹部だった数年前まで、飲食店などで接待を受けている様子が複数回目撃されている。