「現在のヒルギ公園はムラの憩いの場として復帰前に埋め立てた」と話す東村の慶佐次(げさし)ん人(ちゅ)。公園として整備される以前から区民運動会などが開かれ、郷友会も集い、楽しんだ場所だったという。 「昔は慶佐次橋の橋げたの周囲が子どもたちの泳ぐ場所だった」と懐かしむ。