【那覇】シロアリ駆除を手掛ける白蟻百十番(那覇市、下地晃彦社長=写真右から2人目)は18日、地域貢献事業の一環で、近隣の松島小学校(本村律子校長=同左)にテントを寄贈した。 贈呈式で下地社長は「創立21周年を迎え、地域の子どもたちに役立ててほしいという思いで贈った」と児童を激励。