安慶田光男副知事は教員採用試験や教育庁の幹部人事で県教育委員会の方針に介入した疑いがある責任を取り、辞任した。県三役が不祥事で引責辞任するのは県政史上初めて。