福島に生きる人たちが何を考え、どんな話をしているのか。10年計画で福島のドキュメンタリー映画を撮り続け、今年で6年目。東日本大震災の被災者と時間をかけて向き合い、直接聞いたことを観客に伝えている。