【粟国】粟国村の新城静喜村長(64)に、再開した第一航空の那覇−粟国便の4月以降の継続可能性などを聞いた。(聞き手=南部報道部・堀川幸太郎) −4月からの2018年度も継続できるか。 「第一航空は18年度赤字を約2億6千万円と見込んで運航補助を求めた。国・県と分担しても村負担は約8千万円。