インターネット事業を展開するドワンゴ(東京)の荒木隆司社長らが19日、沖縄県庁に翁長雄志知事を訪ね、うるま市伊計島に設立予定の通信制高校について開校に向けた進捗(しんちょく)を報告した。来年4月に、学校法人角川ドワンゴ学園として「N高等学校」を開校する。

伊計島に開校する「N高等学校」について説明する荒木隆司社長(左)=19日、県庁

 荒木社長は、年間で5日間は沖縄本校でのスクーリングがあることを説明し、「学業を始め、沖縄でしか体験できないような社会勉強をさせたい」と意気込んだ。

 翁長知事は「ここで学んだ若い人たちが、沖縄に居場所を見つけ、また全国で頑張ることはとてもいいことだ」と支持した。

 14日から生徒募集を開始しており、全国で説明会を実施する予定。初年度の目標定員は全学年合わせて1万人という。