【名護】咲き始めは白く、夕方には濃いピンク色に変わってしぼむスイフヨウ(アオイ科)が屋我地島、饒平名の民家で開花した=写真。

白から濃いピンクに変色する一重咲きのスイフヨウ=名護市饒平名の県道110号沿い

 県道110号沿いの玉城作子さん(84)宅で、樹高約2メートル、枝幅約1・5メートル。全開した花弁は直径約10センチ。「母木は3年前に台風で倒れたが、こぼれ種で発芽し、3年目で初めて花が咲いた」と話す。

 スイフヨウに詳しい新城学さん(71)は「八重咲きが主流だが、これは一重咲き。濃いピンクに変化してきたらスイフヨウの仲間です」と説明した。(玉城学通信員)