瑞泉酒造(那覇市、佐久本学社長)は沖縄の産業まつりで、「43度瑞泉King crown10年古酒」(750ミリリットル、税込み3780円)や15年樽貯蔵酒「瑞泉KOHAKU15」(40度、375ミリリットル、2970円)などを限定販売する。

産業まつりで限定販売する43度瑞泉King crown10年古酒(中央)や、新商品の10%瑞泉カーブチー(右端)

 今回は「古酒蔵をまつりへ持って行く」をテーマに設定。まつりで販売する約80商品のうち古酒が9割を占める。

 43度瑞泉Kingは600本、KOHAKUは500本限定。新商品の泡盛仕込みリキュール「10%瑞泉カーブチー500ミリリットル」(10度、1404円)も販売するほか、2003年から15年までの各年蒸留の瑞泉を量り売りする。

 19日に沖縄タイムス社を訪れた佐久本社長は「熟成された古酒の繊細な味を楽しんでほしい」と語った。