2018年(平成30年) 5月24日

沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍ヘリ、また不時着 3週間で3回目 沖縄・渡名喜 村営着陸帯に

 23日午後8時5分ごろ、沖縄県渡名喜村内の村営ヘリポートに米軍普天間飛行場所属のAH1Z攻撃ヘリコプターが不時着した。県警によると乗員は2人で、けがはない。防衛省関係者によると、米軍は「警告灯が点灯し、予防着陸した」と説明しているという。県内では昨年から米軍機の事故、トラブルが相次いでおり、県内から強い反発が上がるのは必至だ。

渡名喜村の村営ヘリポートに着陸した米軍のAH1攻撃ヘリコプター=23日午後10時ごろ(住民提供)

渡名喜村の村営ヘリポートに着陸した米軍のAH1攻撃ヘリコプター=23日午後10時ごろ(住民提供)

 村関係者によると、搭乗していた米兵は「油圧系統の異常を感じた」と話しているという。不時着したのは漁港そばの村営ヘリポートで、村立中学校から約300メートルほどの場所。機体のそばには2人の米兵がいたという。同型機は8日にも読谷村内に不時着している。

 富川盛武副知事は事故の報告をしたロック米海兵隊太平洋基地司令官に「言葉にならない。原因の報告を強く求める」と抗議。渡名喜村の桃原優村長は本紙取材に「米軍ヘリの不時着があまりにも多い。日本政府は沖縄の現状を真摯(しんし)に受け止めてほしい」と語った。

 防衛省は23日、マルティネス在日米軍司令官に在日米軍所属全機の整備点検を申し入れた。

 政府関係者によると、米海兵隊は24日に整備要員をヘリで渡名喜島へ派遣し、点検の結果、異常がなければ同日中に普天間飛行場へ帰還させる方針だ。

 渡名喜島近くには米軍の出砂島射爆撃場があり、2009年にも村内ヘリポートに米軍ヘリが不時着したほか、近くの海中で米軍のものとみられる爆弾の破片が見つかるなど、米軍による被害が相次いでいる。

 米軍機を巡っては、昨年12月に宜野湾市内の小学校に普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリが窓を落下させたほか、今月にはうるま市伊計島や、読谷村の廃棄物処分場に相次いで不時着し、県内で米軍機の整備態勢へ不安が高まっている。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間