カツオの町として知られる沖縄県本部町の渡久地港では、ここ連日カツオの水揚げが好調だ。港は仲買人らが集まり、活気を呈している。21日は、1回の水揚げでは本年度最多となる2トンが水揚げされた。

カツオが水揚げされ、活気づく渡久地港=21日、本部町

 2年前に漁船を購入し、カツオ漁を始めた洋丸船長の喜屋武健さんは「カツオ漁を始めてから最多の水揚げ量で興奮している。本年度は沖にもカツオが少なくて大変だったが、これからも本部伝統のカツオ漁を続けていきたい」と満面の笑みで語った。

 町渡久地の鮮魚店では「カツオが大漁と聞くとうれしい。カツオも桜を見に来たのかね」とうれしそうに話した。(友寄隆央通信員)