沖縄県渡名喜村の村営ヘリポートに米軍普天間飛行場所属のAH1Z攻撃ヘリコプターが不時着したことを受けて、翁長雄志知事は24日、「まさしく、米軍全体がクレイジーだ」と憤った。同日、那覇空港で記者団に語った。

相次ぐ米軍機の事故に「米軍全体がクレイジーだ」と憤る翁長雄志知事=24日午前7時15分ごろ、那覇空港

 翁長知事は、米軍機の事故やトラブルが相次いでいることに「米軍は管理、監督が全くできないような形になっている。全く改善する兆しがない」と問題視。国の当事者能力のなさも批判した。その上で、「今の米軍のやり方はふに落ちない。どうにもならない感じなのでしっかりとやり方を考えてみたいと思う」と述べた。