21日投開票された南城市長選は、新人の瑞慶覧長敏氏がわずか65票差で現職の古謝景春氏を破った。沖縄タイムスの調べでは、復帰後、県内11市で実施された市長選で最も少ない票差であることが分かった。