米軍普天間飛行場所属の攻撃ヘリコプターAH1が23日夜、渡名喜島のヘリポートに不時着した。米軍は「警告灯が点灯したので、予防着陸をした」と説明している。 異常事態である。あまりにも異常だ。 米軍機の相次ぐ事故やトラブルによって、沖縄の人々の暮らしが脅かされている現実を看過することはできない。