沖縄タイムス+プラス ニュース

元代表FW播戸竜二、FC琉球に加入 優勝とJ2昇格の力に「沖縄代表の気持ちで」

2018年1月23日 17:00

 サッカーJ3のFC琉球は22日、沖縄市役所で会見を開き、J2大宮アルディージャから元日本代表FW播戸竜二(38)が新加入すると発表した。得点源として期待がかかるベテランは「沖縄を盛り上げることができるよう、沖縄代表という気持ちを持って頑張りたい」と意欲。「今季の優勝とJ2昇格の力になる」と意気込んだ。

FC琉球に入団し、背番号11のユニホームを披露する播戸竜二=沖縄市役所

「次の人生」考えたが…純粋にサッカーやりたい

 播戸の背番号は「11」に決まり、今季の新ユニホームに早速、袖を通した。

 プロ21年目を迎えたが、けがもあり、ここ数年は出場機会が減っていた。「フルで活躍できなくなり『次の人生』を考えたが、『純粋にサッカーをやりたい』という気持ちが勝った」と明かし、倉林啓士郎社長の熱意もあり「沖縄を盛り上げたい、J2昇格させたいという強い気持ちが湧いてきた」と入団を決めた要因を述べた。 

 FC琉球の印象については「これから良くなっていこうとしているチーム」とし「J3のほかの選手からパスをつないで良いサッカーをしていることを聞いた。僕自身楽しみ。そういうチームで僕のプレーも生きる。フィニッシュにこだわりたい」と今季2桁得点、ハットトリックの達成を目標に掲げた。

 倉林社長は「ゴールへの嗅覚やゴールを取る感覚はなかなかほかの選手はまねできない」と播戸の力を評価。「類いまれなる得点能力やリーダーシップ、明るいキャラクターがFC琉球に化学反応を起こしてくれることを期待している。勝利にこだわる姿勢も今の琉球には必要」と述べた。

 播戸はクラブホームページでサポーターやファンに向けて「可能性は無限大! 皆さんと一緒に戦いたい!」とのメッセージも発表。23日からチームのトレーニングに参加する。

 【プロフィール】ばんど・りゅうじ 1979年8月2日生まれ。38歳。兵庫県出身。171センチ、67キロ。ガンバ大阪を皮切りに札幌や神戸、セレッソ大阪、鳥栖などでプレーした。Jリーグ(カップ戦や天皇杯を除く)で通算377試合に出場し、107得点。2006~08年には日本代表に選出され、国際Aマッチ7試合で2得点している。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム