【名護】新基地建設工事が進む名護市辺野古崎付近の海中にシコロサンゴの仲間が生息しているのを、新基地建設に反対する市民が19日、見つけた。長さ1メートル以上あり、場所は埋め立ての境界付近とみられる。 沖縄防衛局は埋め立て範囲内にいる1メートル以上のサンゴは移植する方針を示している。