【石垣】ユニマットグループでゴルフ事業を手掛ける「ユニマットプレシャス」(東京都、高橋洋二代表)は20日、石垣市内で会見し、2019年にも市内でチャンピオンコースのゴルフ場を建設すると発表した。

ゴルフ場建設を発表する三國常務(前列中央)や市内各団体の代表ら=20日、石垣市商工会

ゴルフ場建設を発表する三國常務

ゴルフ場建設を発表する三國常務(前列中央)や市内各団体の代表ら=20日、石垣市商工会 ゴルフ場建設を発表する三國常務

 同社は07年、ゴルフ場建設を目的に、市街地から車で10分の距離にある前勢岳北側の土地99ヘクタールを購入。リーマンショックの影響で開発が順延していたが、新石垣空港の開港による観光入域者数の増加や、市民の建設要望を受け、着工を決めた。

 予定地周辺の市有地を借地し、宿泊施設も併設する予定。誘致活動を続けた市内各団体と会見に臨んだ同社の三國浩紀常務は「行政と連携し、石垣の環境に調和する素晴らしいゴルフ場を造りたい」と語った。

 リゾート事業不動産本部の阿部夏樹取締役は「アクセスもしやすく、名蔵湾を望む好立地の場所。設計や開発手続きを急ぎ、19年の開業を目指したい」と力を込めた。