相次ぐ米軍機のトラブルに、県内の市民団体などからも怒りの声が上がった。 県女性団体連絡協議会の大城貴代子会長は「またですか」と憤慨。「知事や議会が抗議しても、女性や子どもたちが声を上げても米軍は馬耳東風を決め込んでいる。本当にひどい。本当に許せない」と繰り返し「今度こそ、飛行停止を」と語気を強めた。