名護市辺野古の埋め立て承認取り消しで、県は21日、国土交通省に対し県の見解を示す意見書を郵送する。翁長雄志知事が同日午後記者会見し、県の見解を説明する。意見書では防衛局が国の機関であり不服を申し立てる適格がないことや、埋め立ての必要性が認められないとする県の立場を盛り込む。