高校野球の沖縄県秋季大会で初優勝した八重山と準優勝の興南の監督、選手が21日午前、秋季九州大会(第137回九州大会)に向けて開催県の鹿児島へ出発した。那覇空港では県高校野球連盟主催の壮行激励会が開かれ、両校の主将らが互いに健闘を誓い合った。

九州大会に向け意気込む八重山・興南ナイン=那覇空港

 鹿児島県立鴨池球場を主会場に24日開幕し、決勝は29日予定。来春の選抜大会出場校選出の参考資料となる大会で、九州地区は原則4枠。両校は県勢として4年連続の出場を目指す。

 八重山は開幕日の24日の第2試合で鹿児島城西(鹿児島2位)と、興南は同日の第3試合で海星(長崎1位)と初戦を戦う。