沖縄振興開発金融公庫(譜久山當則理事長)が21日発表した2014・15年度設備投資計画調査(9月調査)で、本年度中に設備投資を計画していると答えた企業の割合が70・8%となった。前年度から1・7ポイント低下したものの、1997年度の71%に次ぐ高水準。