渡名喜村への米軍ヘリ不時着を受け、共産党県委員会と公明党県本、社大党の代表者らが24日、嘉手納町の沖縄防衛局を訪れ、相次ぐ米軍機による事故や不時着に抗議した。 共産の真栄里保常任委員らは高木健司次長に、すべての在沖米軍機の飛行停止と普天間飛行場の閉鎖撤去などを求めた。