沖縄県内に居住する外国人が、市町村の行政サービスを受ける上で障害となる言葉の壁を取り除こうと、県が窓口対応をサポートする通訳を派遣する「多文化共生モデル事業」が今月から宜野湾市で始まった。