巨人の3位指名を受けた普天間高校3年の與那原大剛は、時折涙ぐみながら「親孝行したかった。頑張ってきてよかった」と喜びをかみしめた。 

巨人にドラフト3位で指名され、祝福される普天間の與那原大剛(中央)=22日午後7時すぎ、宜野湾市の同校

 校内の記者会見場を出ると100人余の野球部員や在校生らの出迎えを受け、緊張した面持ちが笑顔に変わった。「ゴールではなくスタートライン。これから野球が仕事になる。強い意志を持って頑張りたい」と力強く語った。