同じ「麺」文化を持つ中華圏からの観光客が、沖縄で行列をなして豚骨ラーメンを食べる姿をよく見掛ける。高い人気はなぜなのか。特に行列ができる那覇市の「ラーメン暖暮(だんぼ)」牧志店前で約2カ月かけて外国人観光客100人に話を聞くと、ネットや口コミで人気が広がっていることが分かった。暖暮は、中国の旅サイトにある沖縄の美食ランキングで常に上位にランクインしている。一方、9割近くが沖縄そばの存在を知らなかった。もっとアピールする必要がありそうだ。(政経部・徐潮)

豚骨ラーメン店の前で並ぶ外国人観光客=那覇市牧志の「ラーメン暖暮」(喜屋武綾菜撮影)

外国人観光客に人気のラーメン暖暮はお昼時になると長打の列ができる=18日午後、那覇市牧志

豚骨ラーメン店の前で並ぶ外国人観光客=那覇市牧志の「ラーメン暖暮」(喜屋武綾菜撮影) 外国人観光客に人気のラーメン暖暮はお昼時になると長打の列ができる=18日午後、那覇市牧志

◆豚骨ラーメン、ネットで評判「日本の味」求める

 豚骨ラーメンは中国や台湾にはない日本のオリジナル。18日、牧志店には中国語や韓国語などを話す外国人客が長い列をつくっていた。暖暮の日常の光景だ。

 台湾新竹から来た範鍬菊さん(43)は「最近、日本の豚骨ラーメン店が地元に進出し大人気だが、値段は暖暮の約1・5倍。沖縄に来る前にネットでここを知った」と説明。

 上海からの30代カップルは「観光サイトでおいしいと知って、沖縄に来たら必ず行くと決めていた」という。大半がネット情報を頼りに来ていた。そのほか、「ホテルに近い」との理由などで訪れる人もいた。

 牧志店の店員によると、列ができるようになったのは3~4年前から。福岡県の暖暮本店で統括を務める平田亮太さんは「海外向けの広告などは特に出していないのに、来てくれるのはありがたい」と話す。

 一方、暖暮に並ぶ観光客に「沖縄そばを食べないのか」と尋ねると、「沖縄そばって何。どこにあるのか」との答えが。9割近い87人は、沖縄そばの存在を知らなかった。観光地に近い食堂では外国人客が沖縄そばを食べる姿も見られるが、豚骨ラーメンほどの認知度はまだないようだ。

 沖縄コンベンションビューロー海外プロモーション課の照喜名朝人主事は「外国人観光客は沖縄というより、日本という感覚で来ている人がほとんど。沖縄独自の食べ物も知ってもらうため、そばなど食文化の情報発信を強化していきたい」と語った。

 県によると昨年、来沖した外国人観光客は過去最高の254万2200人に達し、県の総人口の約1・7倍を上回った。県産品の伸びしろはまだありそうだ。