モスバーガーを展開するモスフードサービス(東京、中村栄輔社長)は2月10日から12日までの3日間、「モスの産直野菜フェスタ」と題し、沖縄本島内の全21店舗で豊見城産トマト「ちゅらとまと」を使ったハンバーガーを販売する。

バンズの代わりに豊見城産トマトを使用した「とま実バーガー」(モスフードサービス提供)

 バンズ(パン)の代わりに輪切りにしたトマトでハンバーグやレタスを挟んだ「とま実バーガー」(490円)や、通常の2倍のトマトを使用した「デラックスモスバーガー ダブルトマト」(650円)などがある。

 初日の10日午前7時から西原、新都心、壺屋、真嘉比の4店で産地直送野菜の朝市も開催する。 同社広報は「甘みの中に適度な酸味があるちゅらとまとを味わってほしい。野菜たっぷりなので、糖質が気になる人にもお勧めです」と話した。