普天間高校から初のプロ野球選手が誕生する。身長190センチ、体重89キロの恵まれた体から投げ下ろす最速148キロの直球が武器の與那原大剛が、巨人の3位指名を受けた。「球団、そして日本を代表する選手になりたい」と力強く宣言した。 午後6時半ごろ、同高の校舎が吉報で沸きに沸いた。「人生で一番緊張した。