【石垣】石垣島産の牛革でランドセルを製造・販売する石垣レザー社(浜元さおり代表)は、八重山伝統織物、みんさーを取り入れたプレミアムランドセルを11月から沖縄県内で販売する。

かぶせふたの内側にみんさーをあしらったプレミアムランドセル=石垣市浜崎町、石垣レザー社

みんさー織のプレミアムランドセルをアピールする石垣レザー社の浜元代表(右)とあざみ屋の新社長=22日、石垣市浜崎町

かぶせふたの内側にみんさーをあしらったプレミアムランドセル=石垣市浜崎町、石垣レザー社 みんさー織のプレミアムランドセルをアピールする石垣レザー社の浜元代表(右)とあざみ屋の新社長=22日、石垣市浜崎町

 同社は昨年、島内の肥育農家から牛革を買い取り、加工の後、ランドセル製造で実績のある松山カバン(愛知県)に委託。県産ランドセルの販売を始めた。

 今年は、八重山みんさー織の「あざみ屋」(石垣市、新賢次社長)と提携し、かぶせふたを開けると、みんさー織が見えるデザインを取り入れた。

 みんさーは黒色ランドセルは青基調の織物、赤色には赤基調の織物をあしらった。

 価格は税抜き6万円。みんさー織のないスタンダード版は同5万1千円。

 石垣レザー社では「6年間耐えられる強度と通気性、牛革では安価な値段で昨年は県内外で販売できた。みんさーを取り入れることで八重山をさらにアピールしたい」とPRした。

 石垣市内のあざみ屋、山田書店、沖縄本島ではサンエー那覇メインプレイスとイオンタウン南城大里内の「たじま屋」で販売する。