京都国立博物館開館120周年記念公演、琉球古典「たまゆらの世界」が8日、京都府の同博物館平成知新館であった。第一線で活躍する実演家が琉球舞踊や古典音楽、組踊「手水の縁」を披露し、琉球古典芸能の魅力を伝えた。 琉球舞踊は嘉数道彦、玉城匠が「若衆こてい節」、宮城茂雄が「諸屯」を舞った。