プロ野球セ・リーグで14年ぶりに優勝したヤクルトスワローズのキャンプ地である浦添市は、球団のロゴマークなどをあしらった特製かりゆしウエアの予約販売を始めた。昨年も販売したが、優勝効果からかファンの問い合わせが増えているという。

ヤクルトスワローズのロゴマークなどをあしらった特製かりゆしウエアのデザイン

 ヤクルトは24日からパ・リーグのソフトバンクと日本シリーズを戦う。市の担当者は「今年の勢いならきっと日本一になれる。さらに反響が大きくなるかも」と期待を寄せている。売り上げはヤクルトの応援イベントなどに使う。

 特製かりゆしは、ヤクルトが2000年から毎年2月ごろに浦添市でキャンプを実施している縁で、球団を盛り上げ、市をPRしようと販売を始めた。

 浦添特産の桑の葉のデザインを中心に、肩に「YS」のロゴを入れ、胸の部分には球団キャラクター「つば九郎」の絵の透かしを入れた。

 青とピンクの2種類あり、6800円。予約や問い合わせは、市役所内の東京ヤクルトスワローズ浦添協力会、電話098(876)1234。