第39回沖縄の産業まつり(主催・同実行委員会)が23日、那覇市の奥武山公園、県立武道館で開幕した。「あ、いいね!使って納得 県産品」をテーマに、522の企業・団体、個人が出展し、新たな技術や商品、研究成果を披露。25日までの3日間の会期を通して、沖縄産業の可能性をアピールする。

原料にこだわった特産品や新商品の展示会場に多くの来場者が詰め掛けた沖縄の産業まつり=23日、那覇市・県立武道館

 各商工会の地域特産品を一堂に集めた「ありんくりん市」、秋冬でも着られる新デザインのかりゆしウエア展示、熟練技能士「ものづくりマイスター」による製作実演などが人気を集め、会場は多くの来場者でにぎわった。

 実行委は午前8時半~午後9時まで20分間隔で、那覇軍港西側特設駐車場から会場までのシャトルバスを運行しており、利用を呼び掛けている。