「おきなわ花と食のフェスティバル2018」(主催・同推進本部)が27、28の両日、那覇市の奥武山公園で開かれる。県産農水産物を取り扱う生産者や加工業者ら160社・団体が出展し、作品展示や試食販売をする。フラワーデザインコンテストのほか野菜や果樹の品評会もあり、県産農産物のブランド化と認知度向上を狙う。

(資料写真)2017年の「花と食のフェスティバル」

 県産食材を使った加工品のナンバー1を来場者の投票でを決める「おきなわ島ふ~どグランプリ」や「こだわりシェフのクッキングプラザ」では県産野菜を使った無料試食会もある。

 木材を使った積み木体験コーナーや、模擬競り、ガーデニング教室など体験型イベントも多数。詳細は公式ホームページで確認できる。

 開催当日はフリーゾーン隣の那覇軍港西側に臨時の特設駐車場を設置。午前9時から午後7時まで15~20分間隔で無料シャトルバスを運行する。