重い心臓病で、早期の移植手術が必要な翁長希羽(のあ)ちゃん(1)への募金総額が23日、1億円を突破した。県内外で募金活動がスタートして1カ月余り。「のあちゃんを救う会」は「第一段階の目標だったので、とてもうれしい。年内に目標額に達せられるよう、気を引き締めて頑張りたい」と話した。

喜瀬共同代表(左)へ寄付金を贈った、NPO法人プロミスキーパーズの宮地さん(中央)と東江さん=23日、「のあちゃんを救う会」

 23日現在の募金総額は1億82万6342円。年明けの渡米を目指す同会は、年内にチャーター機の費用5千万円を含む3億2千万円を目標に募金活動を続けている。

 県内外で支援の輪が広がり、同会へは企業や学校の募金協力の問い合わせが相次いでいるという。23日には、ホームレス支援に取り組むNPO法人プロミスキーパーズが、チャリティーコンサートで集めた寄付金25万円余りを贈った。

 「救う会」の喜瀬真勝共同代表は「多くの人の支援が大変ありがたい。今後も協力をお願いしていきたい」と話した。

 同会は24日、奥武山公園で開催中の「沖縄の産業まつり」などで募金活動を行う。問い合わせは同会、電話098(860)7607。