【北部】本島北部で27日に二つの桜祭りが始まる。

ライトに照らされ幻想的な夜桜が楽しめる今帰仁グスク桜まつり=26日午後7時すぎ、今帰仁村(下地広也撮影)

 実行委員会によるとカンヒザクラは今月中旬、冷え込みの後に暖かい日が続いたことで咲き始め、現在は五分咲き。満開の木もあり、2月初旬には一番の見頃を迎えそうだという。

 第11回今帰仁グスク桜まつりを控える世界遺産の今帰仁城跡では1月26日、城跡と桜の夜間ライトアップの試験点灯があった。2月12日までの期間、毎日午後9時まで点灯する。入場料は通常通り大人400円、小中校生300円。

 名護中央公園では1月27、28の両日、第56回名護さくら祭りが開催される。名護十字路周辺はトランジットモールになり、パレードなどがある。