地産地消をテーマに沖縄県産農林水産物と加工品の魅力を発信する「おきなわ花と食のフェスティバル2018」(主催・同推進本部)が27日から那覇市の奥武山公園で始まった。160団体が出展、地域特産品を使った加工品の試食販売や農産物の品評会、パネル展示などがある。来場者の投票でナンバーワンを決める「おきなわ島ふ~どグランプリ」は入場券を求めて長蛇の列ができるなど、初日から多くの家族連れや観光客などでにぎわった。28日午後6時まで。

豊富な種類の県産農産物に見入る来場者=27日午前、沖縄セルラーパーク那覇(金城健太撮影)

 セルラーパークでは野菜・花卉(かき)・果樹の品評会がありカボチャやキク、タンカンなど約850品がずらりと並んだ。長方形の箱の中に長さ、太さが均一のサヤインゲンがぎっしり詰まった作品に見入る人や、鮮やかな大輪のトルコギキョウを写真に収める人もいた。ステージでは「フラワーデザインコンテスト」が開かれ、事前審査を勝ち抜いた4人が制限時間内に県産キクを用いて2作品を制作、来場者の注目を集めた。

 島ふ~どグランプリには、食品加工業者ら最多の24社が出店。県産マンゴーを使ったジュレや地元で採れたトマトを使ったソース、ハーブソルトなどがあった。参加者は投票用紙を片手に各社の商品を味比べ、「一番おいしい一品」に票を投じた。

 島野菜など沖縄の伝統的農産物を紹介するコーナーや、県産木材を使った積み木や卵形のオブジェで遊べる県産積み木広場もある。外会場にある畜産物販売の「ま~さん市場」や水産物加工品が並ぶブースは香ばしい匂いに誘われた買い物客らで盛況だった。