沖縄タイムス+プラス ニュース

松本文明氏やじ、翁長知事が不快感「沖縄への認識全くない」

2018年1月28日 10:22

 松本文明衆院議員(自民)が本会議での米軍普天間飛行場所属機の不時着を巡る代表質問中に「それで何人死んだんだ」とやじを飛ばした問題で内閣府副大臣を辞任したことについて、翁長雄志知事は27日、「あの一言でびっくりするようなものではない。沖縄担当の副大臣をされているときも、沖縄に対する認識は全くなかった」と強い不快感を示した。名護市内で記者団の質問に答えた。

翁長知事(資料写真)

 一方、県議会はこれまで相次ぐ米軍の事故に対し抗議を重ねている。宜野湾市の普天間第二小学校でのヘリの窓落下、うるま市と読谷村でのヘリの不時着は、いずれも全会一致で抗議決議、意見書を可決した。米軍基地関係特別委員会の仲宗根悟委員長は「米軍の事故を受けて日本政府として謝罪していたはずだが、なぜ副大臣からあんな言葉が出てくるのか」と指摘。「個人の人間性の問題もあるかもしれないが、政府の中には南の島に米軍を押し込んでおこうという気持ちがあるのか思ってしまい、落胆している」と批判した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム